TATE-MONO blog

Utopics – 11th Swiss Sculpture Exhibition 第11回 スイス彫刻展覧会

Posted in exhibition, Utopic '09 by tot on September 3, 2009

11th Swiss Sculpture Exhibition ‘Utopics’ is held in Biel/Bienne from 30th August till 25th October.

第11回 スイス彫刻展覧会  ’Utopics’ が 8月30日から10月25日までビール/ビエンヌで開かれている。

steiner_lenzlinger

© Tota Goya

This quinquennial is an exhibition of contemporary art in public space since 1954, with 50 interventions placed in the city of Biel/Bienne.

1954年から始まったこの5年に1度の芸術祭では、50もの作品やパフォーマンスがビール/ビエンヌの街中に散りばめられている。

Artists are both swiss and international, and also Utopians and micronations participate it. Director is Simon Lamunière, who has been a curator of Art Unlimited in Art Basel, and was a curator of dokumentaX in Kassel.

出展作家はスイス内外からのアーティストだけでなく、ユートピアンやマイクロネーションが参加している。マイクロネーションとは聞き慣れない言葉だが、自ずから立ち上げられた、ごく小規模の自治組織のことであり、2000年代に入って重要な用語になってきている。ディレクターはシモン・ラムニエール。これまで手がけた仕事として、アート・バーゼル内のプレゼンテーション部門であるアート・アンリミテッドや、ドクメンタ10(カッセル)のキュレーションなどがある。ドクメンタでは、当時広まってきていたインターネットを取り上げており、今回マイクロネーションをとりあげているのは興味深い。実際、パフォーマンスと公衆の参加が広場などで数多く行われていて、中心的な役割を果たしている。

Biel/Bienne is a city of watch industry in the center of Switzerland. In a short walk, you will find the beautiful old town, canals, lake side, hilltop, and redevelopment area: different faces of this city. Art works are located on specific sites: square, pedestrian walk on the hill, restaurant by the lake, optician, show cases, hotel room, and empty lot. While looking for them with the help of the guide book, you will come on to the diverse components of the city. Lang/Baumann has liked Palais des Congrès, ’60’s brutal concrete building with conference-sport center and tower, and they attached stairs and doors on two sides of a concrete tower. This surrealistic operation emphasizes the peculiarity of this building.

ビール/ビエンヌは時計産業のお膝元である。美しい旧市街、駅から延びる新市街、運河、湖畔、高台、開発地区が徒歩圏内に散らばり、少し歩くだけで街の様子ががらりと変わる。作品が置かれている場所はさまざまで、広場、ケーブルカーで上がった高台の散策路、湖畔のレストラン、街の眼鏡屋、ショーケース、ホテルの一室、開発予定の空き地など。マップとガイドブックを使って作品を探すうちに、変化に富んだ街を観察するのに夢中になってくる。例えばカンファレンスの中心であるパレ・デ・コングレは60年代にできた、会議場とスポーツセンターの複合施設。コンクリート打放しで構造が表現されたダイナミックな形態と、隣接するタワーはランドマークになっている。この建物が昔から好きだったというLang/Baumannは、タワーの一角にある窓のないコンクリートの2面に階段を設置し、両端には扉を取り付けた。手すりのない現実味のない扉と階段は、現実味のない建物のスケールを強調するように、小さなサイズに調整されている。

2009-08_BeautifulSteps2_1

©L/B

more introductions about artists and more photos will be updated in a few days.

加えて数人のアーティストについて、新しい写真とインタビューとともに、同ブログで紹介を予定している。

ビール/ビエンヌはチューリヒやバーゼル、ジュネーブから電車で1時間強。ドイツ語圏とフランス語圏の交わるこの小さな都市で芸術を体験してはいかがだろうか。

English website   英語ウェブサイト

Utopics – http://www.interversion.org/utopics/home-3

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: